港区六本木で美容に良い鍼治療を行っている乃木坂あか羽鍼灸院
HOME>スタッフブログ

AKAHANE acupuncture clinic

 知ってる?身近の救世主!

 

皆様、GWはいかがお過ごしでしたか?
お天気よく、たまには
なんて遠くに足を運ばれた方も多かったのではないでしょうか?

この季節は気温の変化も激しく、実は知らずと身体も活発に動き出しています。

急な天候の変化についていくのが精一杯になって、新しいスタートをきった方、環境の変化、ストレス、
エネルギー不足の方は自律神経からくる、不眠症、頭痛、便秘、下痢、生理不順、食欲、
やる気がなくなってる、倦怠感など感じたりしてないですか?

他に、意外って思われるかもしれませんが、ストレスから起る皮膚症状として
 ”ニキビや吹き出物、唇の荒れ” なども

そんなこの時期に心もお腹もリフレッシュ♪東洋では大活躍の”よもぎ”を今回はご紹介
知っている方も多いのでは?

皆さんが知っているお灸ですが、よもぎから出来ています。

『*お灸は、約三千年前の古代中国の北方地方においてお灸が始まり、
日本へ伝わってきたのは西暦600年ほど前の話です。』

時代が変わってもいい物は残る! さすがお灸

そのよもぎは、「ハーブの女王」って呼ばれるほど薬効成分があり女王だけに
女性にはとてもおススメなんですよ

数々の成分がありますが、特によもぎに含まれるクロロフィルと言う成分は
食物繊維の5000分の1もあり、
浄血・増血作用、新陳代謝促進、抗アレルギー、脱臭、発ガン抑制効果....

他効果として:
*婦人科疾患予防・改善 * 殺菌消炎作用
*リラックス・癒し効果 *ホルモンバランスの調整効果
*老化防止(アンチエイジング)効果 *デトックス効果
*健胃*腹痛*下痢*貧血*冷え性 など沢山!!
と書ききれないほどです。

よもぎの生の葉は定番のよもぎ餅にお味噌汁、混ぜご飯で、干してお茶、
入浴剤(足湯、腰湯)、よもぎ蒸しパックなど利用法は沢山♪
皆さんも、たまには自分へ時間をとったり、
家族・お友達と一緒に自然のエネルギーを食したりリフレッシュしてみましょ

※個人差もありますが、花粉の季節やアレルギー症状が強い時期よもぎは、抗アレルギー作用などの効果が確認されていますが、このヨモギの花粉が原因でヨモギ花粉症患者が増えているケースもある様ですので、アレルギーの症状が出ている時期は体調と相談して下さいね!
 
投稿者 乃木坂あか羽鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
*Golden Week 休診日のお知らせ*

 

image1 image2

  みなさまへ


通常診療 :4月30日(火)、5月 1日(水)、2(木)
Golden Week休診日:5月3日(金)~ 5月6日(月)まで
通常診療日:5月7日(火)から
         ※お間違いない様よろしくお願い致します。

お天気も気温、乾燥、黄砂....落ち着いたり、崩れたりな日々
ゴールデンウィークは5月5日(日)こどもの日など色々なイベントがあるかと思いますが、うがいに手洗い!風が強い時はマスク!など対策をお忘れなく☆
どうぞ御怪我のないようにお過ごしください♪

                                     

乃木坂 あか羽鍼灸院 院長・スタッフ一同


投稿者 乃木坂あか羽鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
身体にいいものシリーズ第3弾 "山下さんの手作り良心せっけん"











 


今年の桜は、例年より早く咲いてきていますね*
やっと、温かい日も続くようになり春らしさが感じられる日々、
あか羽鍼灸院も春らしい子達が集まってきました~♪

身体にいいものシリーズ第3弾 ” 山下さんの手作り良心せっけん ”

ご好評頂いております、山下さんの手作り良心せっけんは春らしさの感じられる
お花型になりました♪
香りも少し変わりましたので是非お試しくださいね!

*あなたに足りない気を補う 五行せっけん*
                               各 ¥600-
色はオーガニックの草木などを使い素材にこだわった、自然いっぱいの
ぬくもりに包まれた石鹸です*
ほんのり香るこの石鹸は笑顔とこころが喜ぶほっこりアイテム!

まず、あなたの体質をチェック、確認してからあなたに合った石鹸を選んでください。

診断法:(五行)
     肝【青色】成分:ベルガモット、グレープフルーツ
 心【赤色】成分:ラベンダー、イランイラン
         脾【黄色】成分:フランキンセンス、スイートマジョラム
肺【白色】成分:ティーツリー、ユーカリ
  腎【黒色】成分:ゼラニウム、シダーウッド

※お肌の敏感な方やお子様へも安心してお使い頂けます。

今回も院長オススメです(^∀^)~*♪

投稿者 乃木坂あか羽鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
身体の内から免疫UP!

花粉、黄砂など強い風邪で飛び回ってしまってますね↓
本当に辛いこの時期私自身も花粉症なのでいや~な時期。。。。

前回の自分ケア第二段!”すっ~と笑顔で花粉章”で助けられています!

さてさて、少し暖かくなって来たとは言え急に薄着になってしまってませんか?
気温の変化と体温調節が難しくなるこれから、乾燥も強くなり免疫力と体調を崩さない様に
体の内からケアしてあげましょう♪

 東洋の考えでは、おおもとになっている「五行」という、自然界のすべてを5つにわけた考え方があり、
下の表はその一部です。すごく簡単に言ってしまうと、冬におい ては、塩辛さを伴う「熱・温」の食材を摂るようにする、ということ。逆に、冬の反対に位置する夏の要素「寒・涼」「苦味」を持つもの、たとえばニガウリな どは冬場身体を冷やしてしまうので出来るだけ控えると身体も心から冷えず、
免疫力を保つ事が出来ることになります。

五行  木  火    土     金  水
五季  春  夏  長夏(梅雨)  秋  冬
   五味  酸  苦    甘     辛  塩辛い


☆乾燥対策には:
・便秘や肌の乾燥対策に ” 白ゴマ ”
・咳やぜんそくに ” 山芋 ”
・お腹がよく冷えて痛くなる方に ” 八角 ”
・体を温めアンチエイジングにも効果的 ” くるみ ”
・身体を温める作用を持つ ” 杏仁+松の実 ”
※栗やぎんなんも同様に身体を温める作用を持っています。

☆冷え対策には:
・冷え対策や整腸に ” チンゲン菜 ”
・冷えからくる痛みに ” かぼちゃ ”
・腰痛や足の冷えに ” にら ”
・冷えからくる足のむくみに ” 黒ゴマ ”
・足に感じるだるさに ” 干しえび ”
・風邪の引きはじめに ” 生姜 ”
お魚やお肉など、にんにくと一緒にお料理してみてもいいですね~

*マスクに手洗い+うがい基本の予防対策もお忘れなく!
 
投稿者 乃木坂あか羽鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
自分ケア第二段!"すっ~と笑顔で花粉章"









 






寒い日はまだまだ続いてますね・・・

今年も運ばれてきてます【花粉】の季節
(私もきつい春の花粉症なので気持ち、ちょっと落ち気味です)
毎年、取替えが出来たらな~とか取って思いっきり洗えたら~

なんて・・・鼻メガネの様にはいかないので(笑)

ここは毎日でも出来る自分ケア第二段!”すっ~と笑顔で花粉章”

花粉症:アトピー性皮膚炎やぜんそくなどと同じアレルギー疾患の一つです。
アレルギーとは、身体に入り込んだ異物を撃退する防御反応が、過剰になってしまう場合をいいます。
その、アレルギーを引き起こす原因物質のアレルゲンが花粉症の場合はスギを代表とする植物の花粉がアレルゲンとなり、花粉は目や鼻の粘膜から侵入しやすいため、目や鼻の症状が主な症状として現れてしまいます。
他に「疲れ」「ストレス」はアレルギーと大きく関係していることが科学的にも証明されて
いるほど体の負担大切な事。
「花粉」ばかり注意しがちですが、それと同じくらいに自分ケア大切なのが
体調を整える事。

☆ポイント
・抵抗力をつけよう!
・ストレスは控えめに!
・刺激物は控え、バランスよい食事
・笑う!!


今回のオススメなツボたちは
*陰堂 / いんどう - 眉と眉の中間
            *迎香 / げいこう - 小鼻の横にある、鼻孔のすぐ外側
*承泣 /しょうきゅう - 瞳孔の真下
            *合谷 / ごうこく - 手の背面の親指と人差し指の間で
               あるツボで親指と人差し指の骨の合わさるところのくぼみ,
※緊張やストレスへも効果的♪

花粉症の症状が出る季節は風邪の流行する時期でもあり、その症状も、くしゃみ、鼻水など、風邪の症状と似ているため、まずは自分が花粉症なのか風邪なのかを耳鼻咽喉科、眼科、内科、アレルギー科などの専門医を受診して自分がどのタイプのアレルギーに反応が強いのかを確認するといいでしょう。
花粉症の症状が出始めた初期の段階で治療を開始すると、鼻粘膜の炎症の進行を止め、重症化を防ぐことができます。

自分ケアで鼻、目の周り、前頭部にあるツボを刺激することで、クシャミ、鼻水・鼻づまり、目のかゆみなどの花粉症の症状が一時的ですが改善します。
是非、お試しを~♪

鼻の症状の回復に役立つ食材、栄養素たち

*ピーマン、ブロッコリーなどビタミンCを含む食品。
*ほうれん草、にんじんなどベータカロチン多く含む食品。
*シソ油、エゴマ油、アマニ(亜麻仁)油などα-リノレン酸を含む食品。
甜茶(バラ科植物由来のもの)、プロポリス、ビタミンA、ビタミンC など

投稿者 乃木坂あか羽鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
         
10