港区六本木で美容に良い鍼治療を行っている乃木坂あか羽鍼灸院
HOME>スタッフブログ

スタッフブログ

自然と人は一つ♪

こんにちは Massage Staff の ピエトラントニオです。

 雨でいくらか空気がすっきりしたような?
新しい春の芽が顔を出し、澄んだ空気に鳥の声など心地よい季節ですね

 さて、今回は自然と身体の関係、東洋の原点
『陰陽のお話』

ちなみに、陰陽って耳にすると
どんなイメージですか?
白黒の玉”太極図”ってイメージでしょうか

 少し難しい話にはなってしまいますが、
中国:前漢つまり紀元前2~1世紀頃に、
人体の生理・病理を論じた
『黄帝内経(こうていだいけい)』という
医書が 完成しました。
また、この古典を抜きにして東洋医学は
語れないほど現在でも最重要な物の1つとして扱われ、鍼療法が確立されたのは
この医書の時代なんです ♪

image1
image2  
陰陽は古代中国人が生活の中で自然現象を長期にわたって観察し、そこから導き出したもの。

まず、陰陽学説が成立し、その後五行学説が成立、現在では2つの学説をまとめて
「陰陽五行学説」と称するようになっています。
これらの学説を基に東洋医学は発展し、
陰陽五行説は東洋医学の生みの親
きっても切れない関係なのです

 陰陽は常に持ち変わり続け
「万物は陰陽より成る」
と言われ、
全ては一つと言う素晴らしい考え方。
自然界の全てのものを「陰」と「陽」の2つに分け
「陽」は物事の動的側面を表し、光・明・火・夏・昼・動物・男など。
「陰」は物事の静的側面を表し、闇・暗・水・冬・夜・植物・女など。
 
食物、社会現象、経済、物理、精神そして
医学などあらゆるものにあてはまり、
どのようなものにもどちらかに片寄らず、
常に陰陽2つが中庸/ちゅうように成ることに勤め『調和』が日々大切な事

一見難しそうですが、ちょっと陰陽へ意識すると面白さもありますよね

次回は『食材にも陰陽?』のお話です。

 Massage Staff:ピエトラントニオ 絹子
 
   

投稿者 乃木坂あか羽鍼灸院 (2014年4月23日 19:45) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :