港区六本木で美容に良い鍼治療を行っている乃木坂あか羽鍼灸院
HOME>スタッフブログ

スタッフブログ

冷え対策 2016-1-22
冷え対策

小寒から立春までの30日間を寒の内といい、
そのまん中(昨日の21日)が大寒にあたり最も寒い時季です。

冷えは万病のもと
お灸で、血の巡りを良くし、生命活動である元気の元
腎気”を補い、免疫力UPで冷えを回避

先ずは
寒いので、露出を減らせる足のツボ
内臓の冷えには、直接お腹にカイロを貼って温めよう

三陰交:脾腎肝に関わり血の巡りをよくする
       (内側のくるぶしの上から指幅4本分の位置にあります)
太渓:腎の経絡のツボで、腎機能を高めます
       (内側のくるぶしとアキレス腱の間にあります。)
湧泉:腎経のツボで、生命の源が湧き出し活力を与えます
       (土踏まずのやや上の中央、足の指を曲げてへこんだ所)
太衝:肝に関わり、血の巡り改善
       (足の親指とひとさし指の付け根の骨と骨の間、動脈の拍動が感じるところ)

太楽

投稿者 乃木坂あか羽鍼灸院 (2016年1月22日 16:12) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :