港区六本木で美容に良い鍼治療を行っている乃木坂あか羽鍼灸院
HOME>院長ブログ

院長ブログ

Earworms(イヤーワーム) 2012-04-15
Earworms(イヤーワーム)


朝、目を覚ますと、何故か頭の中でレディガガのフレーズが繰り返されていたり
子供の時に「みんなの歌」で聴いた曲のさびの部分が反復されていたりすることがあります。
こうした現象を「イヤーワーム」と呼ぶのだそうです。

「イヤーワーム」、直訳すると耳の虫。。

wikipediaによると、歌または音楽の一部分が心の中で強迫的に反復される、
俗に言う「音楽が耳にこびりついて離れない」現象、とある。

この「イヤーワーム」、困った点はコントロールが効かないという点です。
調子の良い時・気分の良い時などは特に気になりませんが
気持ちがすぐれないときになど「イヤーワーム」が騒ぎ出すと
疲れます。

考えないように、聴こえないように努力すればするほど
頭に浮かぶようになってしまいます(心理学者ヴェグナーによる白クマの実験)。
青春時代、嫌い嫌いとやっていると
いつのまにか好きに変わっているという、あれでしょうか。


Earworms:Why catchy tunes get trapped in our heads(BBC) 
www.bbc.com/future/story/20120411-why-do-songs-stick-in-our-heads

リズミカルでキャッチィなフレーズほど耳に残りますよね。
この記事によれば、聴こえないようにと抗ってはいけません、逆効果です、とあります。

ブリトニースピアーズの曲が聴こえてきたら、カイリーミノーグの曲で上書きするのだそうです。
(わたしにはどちらも同じような気がしますが。。)


それはそうと、わたしの今日の「イヤーワーム」は大川栄作さんの名曲・「さざんかの宿」です。。
 

投稿者 乃木坂あか羽鍼灸院 (2012年4月15日 13:37) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :