港区六本木で美容に良い鍼治療を行っている乃木坂あか羽鍼灸院
HOME>院長ブログ

院長ブログ

医鍼薬地域連携研究会 2018.8.8
 医鍼薬地域連携研究会

「医師と鍼灸師がもっと地域で繋がって行こう!
と立ち上がったのが医鍼薬地域連携研究会です。

東方医学会の医師先生方からお声がけいただいて
去年(2017年)から始まり、今月で6回を終えました。





毎回、医鍼連携に関わる先生方を講師としてお呼びして
連携において上手く行っている所と問題点を探り
これから始める東方医学会での医鍼連携に
フィードバックして行こ
うという試みです。

会に参加の先生方からは、
毎回叱咤激励のお声を頂いておりますが
秋口を目処に実際の連携に移して行こうという運びとなっています



こちら(鍼灸院)にいらして下さる患者さんに医師との連携の話を伺うと

それは患者さんの為になるから早く進めるべき、というお声を頂きます。

東洋(東方)医学の2つの柱、「内治(お薬)」
と「外治(鍼灸)」。
古くから車の両輪にも例えられ

どちらか足りないと真っ直ぐ進めない
と例えられてきました。

戦後の日本ではこの両輪が分解されてしまいましたが
中国・韓国だけでなく、アメリカでも、この両輪は機能しています。

日本でも小さい連携や個人間の連携はありますが
より大きな枠組みで進めて行こうという
日本東方医学会の試みは責
任も重大です。
患者さんが、両者を自由にスムーズに行き来できるイメージを念頭に奔走しています。

今後の進捗も含めて、
ブログの方で報告して行きたいと思います。

乞うご期待です!


投稿者 乃木坂あか羽鍼灸院 (2018年8月 8日 16:26) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :