港区六本木で美容に良い鍼治療を行っている乃木坂あか羽鍼灸院
HOME>逆子・安産灸

逆子・安産灸

安産灸とは
安産灸とはのイメージ

「安産灸」とは、その名の通り
安産のための養生のお灸です。
たとえば、女性のツボとしてとっても有名な
『三陰交(さんいんこう)』というツボにお灸をします。
三陰交というツボは両足の内くるぶしから手の指4本ぶん上がった骨の際にあります。
体には陰と陽の経絡という
気の流れる道が12本ありますが
その流れの内、陰の流れが三つも交わる交差点
それが「三陰交」のツボです。
つまり三陰交のつぼにお灸をすることで
女性のエネルギーである「陰」のエネルギーを補給します。

安産灸の開始時期

一般的には安定期に入る5ヶ月目、胎動を感じ始める頃からとされます。
安定期に入るということは、つわりも落ち着き妊婦さんの体調もよくなるということと
胎盤も完成した時期に当たるので、よりお腹の子もしっかりと安定してきます。

安産灸の効果

お母さんの元気に『産む力』
そして、赤ちゃんの元気に『生まれる力』を強くさせます。
安産灸をつづけた赤ちゃんは
元気に泣いて、黒々とした髪を生やして生まれてきます。
赤ちゃんは「陽」の気のかたまりです。
また、お灸はその「陽」の気を補うことができます。
しっかりと陽の気を貯めた赤ちゃんは
元気にすくすくと育つことでしょう。
 

逆子(骨盤位)
逆子のイメージ

お腹の赤ちゃんが頭を上に向けている状態が逆子です。
通常、出産が近づくにつれて
赤ちゃんは頭を下に向けて生まれる準備をします。
しかし、何らかの要因により
赤ちゃんの頭が上にある状態を逆子といいます。

いつから逆子を問題視する?

妊娠初期から中期にかけて
まだまだ本当に小さい赤ちゃんは お腹の中で
くるくると元気に動き回っています。
この時期の逆子は、たとえエコー時に逆子だったとしても問題にはされません。
医師によっては逆子ということを口にしない方もいます。
問題視されるのは30週前後からのようです。

逆子への対処はこのころから始められます。
逆子の先には帝王切開というリスクがありますので
不安を抱えて妊娠生活を送るよりも
逆子といわれたらすぐにお灸を開始することをお勧めします。

逆子の治療

足の小指の爪の際にある「至陰」 と呼ばれるツボを使います。

当院にいらしていただいた際の施術では
妊婦さんの状態を診ながら
さらに効果的なツボを組み合わせて
必要に応じては鍼も使用します。
同時にご自宅では「至陰」にお灸をしていただき
(至陰への施灸方法とお灸セットをお渡しします)
医師の許可があれば、逆子体操を組み合わせることで
より効果的に逆子を直すことができます。

ほとんどの赤ちゃんがお灸を始めると動き出します。
その場で返る赤ちゃんもいますし
よほど問題のない限り、数回で直ってきます。

逆子の診断を受けてから早いうちの治療をすすめますが
ギリギリでも大丈夫です。
(鍼灸院の扉をたたく方は出産間近の方も多いのです)
あきらめずにチャレンジしましょう!



安産灸コース ¥2,160

 治療内容・・お灸
  •  治療時間・・15分程度
  • (自宅でのお灸のやり方+お灸セット付)
  • ・逆子治療   ¥4,320
  •  治療内容・・お灸+鍼
  •  治療時間・・30分程度
  • 自宅でのお灸のやり方+お灸セット付)







小児はり・お灸

夜鳴き・疳の虫・アレルギーなどお母さんの心配は尽きません。
お子様への鍼は「ハリ」と言っても刺さない「ハリ」です。
スプーンのような鍼で皮膚をこすっていきます。(もちろん、ご家庭でもできるので覚えて帰ってください)
お子様へのはり灸は、昔から病気に強い子・元気な子になると謂われてきました。
image1
image2
 
・小児はり、お灸 ¥2,160
(0才から就学まで)
治療時間15分程度
   
   

問い合わせ